おかげさまで10周年。中小企業のITサポート実績70社以上
イー・レンジャー株式会社 電話
イー・レンジャー株式会社 > Share lite(シェア・ライト):中小企業様向けリモートワークシステム

Share lite(シェア・ライト):中小企業様向けリモートワークシステム

最終更新日: 2020/06/12 11:54am

中小企業様向けリモートワークに特化したShare lite(シェア・ライト)

コロナウィルスで注目を集めた「リモートワーク」

弊社の考えは「シンプルイズベスト」。

 

他のページに書かせていただいたことがありますが、「弊社の考えるリモートワークの実現方法」は

(1) コミュニケーション手段はクラウドを使う。

(2) 会社にあるパソコンや業務システムを(会社の外から)操作するための手段を用意する。

の2つだけです。

 

ここで、前者はMicrosoftのTeamsやExchangeといったプロダクトを活用することで実現できます。

後者を「リモートアクセス」と言ったりしますが、中小規模の事業所様にとっての難関はこれです。事業規模にフィットするよいプロダクトがないという状況が続いてきたと考えています。本格的なシステムだとべらぼうな価格ですし、逆に安価なものだとサポートが貧弱で専門知識が必要ないと使い始められないといった問題がありました。

 

令和2年のコロナウィルスによる非常事態宣言の折、多くのお客様にご好評いただいたのが弊社オリジナルのファイルサーバー「Share(シェア)」のリモートアクセス機能でした。

 

中小企業向け低価格ファイルサーバーシェア

図:中小企業事業所様向けファイルサーバー:Share

(注)セキュリティの観点から最新機種にはディスクドライブがついておりません。

 

そして、このたびShareの機能をリモートアクセスだけに絞り込んだShare lite(シェア・ライト)を発売することとなりました。

 

 

価格と費用の比較

ShareとShare liteの筐体は同じものとなりますが、機能と価格は比較表(下)の通りとなります。

なお、サポートサービスはShareと同様に以下のようになっています。

  1. イーレンジャーによるシステム監視。
  2. 代替機レンタル。
  3. 3年保証。
  4. サポートダイアルの設置

 

アップグレードパス

さて、Shareのlite版を出すに至ったのは「ファイルサーバーは不要(たとえば、残リースがあるなど)」、「ファイルサーバーを導入するとなると大掛かりになってしまう」、「リモートアクセスだけ手っ取り早くやりたいのに」と言ったご意見・ご要望にお応えするためです。

 

ご契約期間中に既存のファイルサーバーが故障などした場合を想定して、「Share liteからShareへのアップグレードパス」を設けています。「とりあえずリモートアクセスだけ使っておいて、既存のファイルサーバーが壊れたらアップグレードする」という使い方ができるのが望ましいと考えるからです。

この場合、機器本体は取り替えずにShare liteにファイルサーバー機能を(ソフトウェア的に)付加しますので、投資を抑制することができます。

 

コロナウィルスの影響で急遽日の目をみたリモートワークですが、たんなる「在宅」のためのツールにとどまらず「新しい働き方を実現するIT」であると思います。

Share liteが「あたらしい働き方」、「あたらしい職場環境」を提供するシステムになれたらいいと考えています。

お気軽にお問い合わせください。